2019年09月06日

LGBTは個性だけどグルーピングは無理な話

最近では、やっとLGBTのことについて堂々と話すことができるようになりました。以前は、そんな事ができなかったのです。それは、なんといっても話をしてはいけない、そんな風潮があったからです。しかし随分と以前から、そのようなLGBTの人たちがたくさんいた事は事実なのです。


その人たちは、自分のことを言えずに、随分と悩み続けたことでしょう。今は、その悩みを共有することができます。その悩みについて、同じように悩んでいる人たちの気持ちを聴いたり理解することができるのです。そのように見たり聞いたりすることができるだけで、とても気持ちが救われていると感じます。


それまでは、一人で悶々とその違和感について悩み続けてきたのです。一人で誰にも相談できないほど、辛い事はありません。人に相談をすることにより、どんな風に思われてしまうのか怖いので、それまで培ってきた自分のことを否定されてしまう恐怖と戦う事になるのです。それだったら、相談をすることなく自分の胸に収めて我慢をして生きるしかないと思ってしまうのです。


LGBTの人たちは、たくさんいます。そしてFTMと言われるグループも、そのひとつの個性として捉えるべきであると思っています。見た目は完全に男性として生きてて、性の対象は女性かと思われますが実は様々です。正直なところ、女性が基本ですが時々男根が欲しくなる事もあります。


彼女には内緒ですが、FTM掲示板などを使って男性と会ったりした時期もあります。ホルモンしてると異常に濡れて我慢できなくなることってあるんですよね。
ラベル:FTM 性欲 悩み
posted by ftmmfuo at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

新宿歌舞伎町にて女装の方と仲良くなりました!

今度は僕が新宿歌舞伎町にてバーテンダーをしていた時に、知り合って仲良くなった方の事を書いていきたいと思います。この日の僕はいつものように夕方の17時頃に出勤をするために、歌舞伎町の花道通りを歩いておりました。「今日も暑いなぁ」なんて思いながらです。(夏だったので)

そんな時にミニスカートにニーハイブーツを履いたイカした女性が目の前を歩いておりました。そうしたらその女性が転びそうになったので、僕は咄嗟に「あっ。大丈夫ですか?」と腕を取りました。そうしたら野太い声で、「ありがとうございます^^」と言われてビックリしたのです。そうです!女装をした男性だったのです。この出会いはビックリしました。

女装をした男性なんて初めてみたのですから。しかし僕は引く事をせずに、「いやいや。ビックリしましたよ。ところでニーハイブーツカッコイイですね」というと、受け入れてくれると思ったのか、「そう?ありがとう」というのです。

この女装をした男性は、「私夏木マリに似ているでしょう?」と言ったり、「銀座の店を閉めてきたのよ。疲れちゃってさ・・・今500万円持っている」なんていうような、ぶっ飛んだ人でした。(笑)僕は「面白い人ですね!」と言い、自分のお店に連れていきお客様としてお出迎えして、料理とお酒を楽しんでくださいました。

さすがに500万円持っているだけあって、羽振りが良かったです。一晩で20万円ほど使っていきました。その後も来店してくれて、連絡先を交換して、今でもたまにですがやり取りをして楽しんでおります。僕の知らない「女装」というカオスな世界に触れて、見れる事ができたのでとても勉強になりましたし、楽しかった思い出です。
posted by ftmmfuo at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。